JR Kyushu removed from WTO government procurement framework after IPO

The Japanese government announced on November 7, that JR Kyushu procurement will no longer fall under the WTO Agreement on Government Procurement (GPA). JR Kyushu which operates on the most southern Island was fully privatized, when the Japanese government sold its stock-holdings in an IPO conducted last month, which raised ¥416 billion.

JR Kyushu is the fourth former Japan National Railway company to be fully privatized. At present it is difficult to assess how JR Kyushu will conduct its procurement practices from now on. It might be expected that it will set up a procurement system for international suppliers, as the three other JR companies have done. However, JR Kyushu is probably more domestically oriented that the other three, each of which have already developed international ambitions. JR Kyushu also differs from its peers on the Japanese main island, in that it earns the majority of its revenues from non-railway related activities. 

Source: MLIT

EU-Japan Centre's News

More
一般財団法人 日欧産業協力センター(EUJC)では、広く関係方面から事業活動へご支援をいただくための賛助会員制度を設けました。 当法人の事業活動に賛同される企業、団体等の法人、および個人の方は、…
弊センター専務理事の田辺が執筆したコラムが一般財団法人日本エネルギー経済研究所(IEEJ)のWEBサイトに掲載されましたので、是非ご覧ください。 ◾️日本はメタン排出削減の世界的な取組をリードせよ…
2023年1月17日、日欧産業協力センターが事務局を務める、日・EUビジネスラウンドテーブル(BRT)の提言書が、柵山正樹前日本側共同議長(前三菱電機シニアアドバイザー)、ならびにニコラス・…
12月2日、日欧産業協力センターは一般財団法人日本エネルギー経済研究所および駐日欧州連合代表部と共催で「欧州はエネルギー危機にどう対応するか ~2050 カーボンニュートラルの行方は~」…
9月21日、日欧産業協力センターは「経済安全保障問題とSTRATEGIC AUTONOMY(戦略的自立)のもとでの日欧産業協力」をテーマに、…
弊センター専務理事の田辺が執筆した新春特別コラムが経済産業研究所(RIETI)のWEBサイトに掲載されましたので、是非ご覧ください。 ◾️新春特別コラム:2023年の日本経済を読む~「新時代」…

Events

More
15/06/2023
  一財)日欧産業協力センター ウェビナー サーキュラー・エコノミーと資源効率性(CEREP)  ~成長志向型の資源自律経済戦略とは~ 2023年6月15日(木)17:00~18:30 東京 (10:00~11:30 Brussels) (日英同時通訳付、参加費無料) サーキュラー・エコノミーと資源効率性(CEREP=Circular Economy and Resource…